東南アジア行くならまずは料金のチェックを

3rf

東南アジアの中でも人気急上昇のカンボジア

旅行をする場合には、最近人気がある東南アジアを選ぶ人が増えています。

数十年前は内戦などが続いた地域でも、現在は内戦は収まり、平和な傾向があります。
ですが、内戦の爪痕は非常に大きく、現在においても内戦の影響が強く残っている所もあります.その一つがカンボジアになります。

05phbj03この国は、日本が戦争に負けた昭和20年以降に独立した国ですが、独立した後も1993年まで内戦が勃発していたのです。

内戦による爪痕は地雷という形で残りました。現在でも地雷の撤去は完全に終わっていませんが、この時代は国のイメージを悪くしているのは間違いありません。

そういった事実はありますが、実際に旅行へ行くとまた違った感情が生まれるのです。それは歴史的な建造物の魅力や自然の美しさです。実際に観光地となっている所には地雷はありませんので安心して行くことが出来ます。

有名な建造物にはアンコールワットがあります。
これは、古代の遺跡として世界的に有名な物で、世界遺産に登録されているほどの物になります。世界遺産に登録されてからはいっそう観光客が増えています。日本からの観光客も増えており、当時の異国の建築物を一度見ようと毎年飛行機で往復する人でにぎわっています。

カンボジアまでの航空券を入手

では、カンボジアに行くにはどのぐらいのお金がかかるでしょうか。まず、航空券を普通に買うと片道5万円ほどになります。往復でおよそ10万円ぐらいと考えておけば間違いないでしょう。

直行便はなく、どこかの国の空港を経て入国することになります。

では、格安でチケットを手に入れる方法はあるでしょうか。
これに関しては、海外格安航空券を利用することができます。この海外格安航空券は、旅行会社が所有していますので、予約方法は旅行会社に申し込むといいでしょう。

海外格安航空券を使用した旅行は、大人1人当たり数万円の割引きになりますので、その分現地での観光にお金をかけてもいいかもしれません。

このチケットのメリットは安いことですが、反面座席が指定できないという点を忘れてはなりません。

また、航空会社も指定できませんので、知らない航空会社の飛行機に乗ることになるかもしれないため注意が必要になります。

一方、航空会社でも割引き航空券を発売していることがあります。正規の航空チケットですので、信頼ができるでしょう。旅行会社の格安航空チケットよりは高くなりますが、座席指定や便の指定などが出来る点でお得です。

投稿日:

乗り継ぎ便と直行便の違いについて

インターネットで航空券を予約する

最近ではインターネットで東南アジア行きの飛行機のチケットを気軽に購入できます。安いチケットを探す上でも便利です。また旅行代理店よりも安価で販売している場合も多いです。その理由は店舗を構えていない分、家賃等もかからないですし、気軽にお店を出すことができるからです。

また飛行機のチケット代についてもコストに反映されます。家賃などがない分、チケット代も安いというわけです。こうしたことから全てネットで自分で手配するといった人が急増しています。
rgerg5
この流れは若者だけではなく、年配の人にも広がっておりシニア世代が自分でネットから飛行機のチケットを探して、海外旅行をするケースも増えつつあります。シニア世代は時間もお金も余裕がある人が多いので、もっとも適した内容でもあるのです。

海外旅行で飛行機を検索すると乗り継ぎ便は安いのに対し、直行便は高いケースが多々あります。例えば仮にインドに行くとしましょう。

インドまでの直行便は高いのに対し、中国系や韓国系の飛行機利用なら費用が安いといった場合もあります。チケットは安いにこしたことはないのですが、価格的にそんなに変わらない、あるいは若干高い程度であれば直行便を選択することをおすすめします。

時間に余裕がある人は経由便でも良いかと思います。経由地を見学することも可能な場合も多く、1度に2度楽しめます。しかし時間があまりない人は、多少高くても直行便を選ぶことをおすすめします。

料金を気にしない人は正規料金の直行便がおすすめ

その理由ですがまずは経由便だと体力を消耗します。目的地まで時間もかかりますし、また飛行機を乗ったり、降りたりと手間もかかります。知らない国での乗り換えは緊張もします。ゲートの確認などの作業もあるので、気を使う人が多いことでしょう。

体力に自信があるから大丈夫だと思っていても、旅行の際はけっこう疲れるのものです。普段よりも歩く距離も多いと思いますし、自分でも気がつかないうちに疲れが出てくる可能性もあります。そのことを考えても、飛行機移動はなるべく負担がかからない直行便を選ぶのが旅上手にスタイルです。

旅行の際はお金の計算も重要です。

お金の計算も大事ですが、自分の旅スタイルを見直してみるといいでしょう。自分では気がつかないことがけっこうあるかもしれません。
飛行機のチケットを節約しつつも、海外旅行をエンジョイできる方法を模索してみるといいでしょう。

旅行もスタイルがどんどん進化しています。特に個人での行動が人気となっており、自分の好きなプランで行動しやすくなっています。

投稿日:

海外格安航空券のカンボジア行きの予約方法と注意点

格安航空券には2つの意味がある

海外格安航空券のカンボジア行きの予約方法と注意点ですが、先に注意点を説明しておきましょう。

格安航空券と呼ばれるような航空券は、実は2つの意味で使われていることが多いです。この2つを混同していると話がかみ合わなかったりします。一つ目は、いわゆる格安航空会社の航空券のことです。

格安航空会社とはLCCとも呼ばれていますが、国内の航空会社であれ海外の航空会社であれ、とにかく空の旅に最低限必要なサービス以外のありとあらゆるものを見直してできるだけ省くとか、もしそれが必要な人は別途お金を支払ってそのサービスを購入するというようにすることで、航空券の価格を下げ、とにかく値段の安さで勝負する航空会社のことです。

このような航空会社では、航空券そのものに付随しているサービスはほとんど何もありません。ただ一人分の座席が確保されていることと、バッグ1個といった程度の最低限の手回り品を機内に持ち込むことが許されているくらいのものです。

それ以外のおよそ考えうるあらゆるもの、LCC以外の航空会社であれば当たり前のように受けているサービスが無かったり、受けるためには手数料がかかったりします。

具体例をいくつか挙げますと、窓側や通路側など座席の事前指定、スーツケースなど大きな手荷物を預けること、ブランケットや機内エンターテインメント用ヘッドホンの貸し出し、機内食はもちろん機内での飲み物などは全て有料だったりします。

もっと言えば、予約や発券にさえ手数料が必要な場合も珍しくありません。なお、ここに挙げたものはあくまで例であって、どんなLCCでも共通であるわけではありません。これ以外にも手数料が必要なLCCがあるかもしれませんし、逆にブランケットの貸し出しや機内での飲み物程度は無料であることもあります。

LCC以外が発行する格安航空券

もう一つの意味は、LCCではないけれども、その航空会社の正規の料金よりも安い値段で発売している航空券のことです。

こちらは、上に挙げたようなサービス面に関しては正規料金のチケットと変わらないことが多いです。格安チケットだから機内食が出ないなどといったことは起こりません。どちらの場合も同じなのが、変更やキャンセルに大きな制約があることです。

一旦発券すると変更やキャンセルはできないものと思っておいたほうがよいでしょう。

実際にカンボジア行きの海外格安航空券の予約方法としては、格安航空券の比較サイトから予約するか、各航空会社のサイトから予約することになります。

投稿日:

全日空で成田からカンボジアへ行く方法

全日空のホームページから確認

格安航空券ではなく正規の航空券(正規料金)を使って旅行をする場合のご紹介です。

最も分かりやすい方法を挙げておきましょう。全日空のホームページ(http://www.ana.co.jp/)を見ます。全日空は、東京の成田とカンボジアの首都プノンペンを結ぶ直行便を1日1便就航させています。行きの便では成田を10時50分に出発し、プノンペンには15時40分に着きます。

日本とは時差が120分近くありますから、実際のフライト時間は6時間50分です。
朝に出発し、到着後ホテルに受付するのに丁度良い時間帯のフライトです。一方で帰りの便ではプノンペンを夜の22時50分に出発し、成田には翌朝の6時30分に着きます。フライト時間は5時間40分で、こちらの便は旅を終えて機内でぐっすりと眠り、朝に起きたら日本に帰着しているということになります。

座席は2クラス制です。ビジネスクラスのシートは、ちょうど新幹線のグリーン車のようなシートで、リクライニングの角度は深いですが、最大限まで倒してもフラットなベッドにはならないタイプです。せいぜいフライト時間は6時間程度だからこれで十分ということかもしれませんが、少なくとも復路便は就寝時間帯なのですから、もう少し考えてもよかったのではという気もします。

それはともかく、この全日空の航空券の予約方法は特に難しいものではありません。インターネットのホームページで国際線をクリックし、日程と路線を入力して検索するだけです。

いくつかの運賃種別が表示されますが、自分の目的に合わせて選び、後は画面の指示に従っていくだけで誰でも簡単に予約できてしまいます。国際線の航空券など、航空会社や旅行会社の人に頼まなければ自分で予約することなどできないと思っている人もいるかも。拍子抜けするくらいに簡単なものなのです。

格安航空券を使用しないのであれば、基本的にはこの全日空を利用することになるでしょうが、もちろん乗り継ぎ便でもよいのならば全日空以外の航空会社でも予約することは可能です。例えばタイ国際航空であればバンコク乗り継ぎの便があります。この場合もHPに行けば、東京とバンコク間、バンコクとプノンペン間の航空券を比較的簡単に予約することが可能です。

投稿日:

海外旅行先として人気急上昇中のカンボジア

人気のカンボジア旅行

日本から海外へ行く場合には、人気の行き先と不人気の行き先があります。その中でも最近注目が集まっているのは東南アジアではないでしょうか。
東南アジアの魅力は、価格が安いことです。日本に比べると物価が安い国が多く、現地で食事をしても日本円でいう200円ぐらいにしかならない所も多いのです。

ホテルも2000円ぐらいでそれなりの設備が付いている所も多く、できるだけ格安で行くにはよい地域ではないでしょうか。
東南アジアの国の中でもカンボジアはどうでしょうか。あまり旅先としては知られていないのは、カンボジアの歴史が関係しています。カンボジアはかつて内戦が頻繁に起こっていました。

内戦が起こったことで多くの地雷が埋められていたのです。それらの理由により、内戦が終わっても気軽に安心して行ける雰囲気ではなくなったというわけです。もちろん、プノンペンなどの大きな都市は、中心部に地雷が埋まっていることはまずありません。

この国は、もともと歴史的な建造物が多く、かつては仏教が広まったときに、寺院などがたくさん建築されました。日本の寺院とは違う魅力ある建物が多く、それを見に観光をする人が増えているのです。

海外格安航空券を利用する

もし、現地に行くとすれば、飛行機で行くことになります。ANAには、東京からプノンペンの直行便が出ています。いったん成田空港まで行く必要はありますが、どこかの国で乗り換えをする必要はないのです。

では、航空券はどれくらいの値段になるでしょうか。エコノミークラスでも往復10万円はかかると考えておいた方がいいでしょう。アメリカなどと違い、日本からの距離がそれほど遠くないという理由もありますが、いずれにしても格安で行くことができるのです。ただ、それでも1人10万円もかかるとすればなかなか気軽に行くことが出来ませんし、旅先の物価がいくら安かったとしても、航空券が高くてはどうしようもありません。

そこで、海外格安航空券を利用すると安く行くことが出来ます。

インターネット上でもさまざまなサイトがありますので、どのサイトがいいか迷うかもしれません。ですが、実際に行く場合には、できるだけ信頼ができるところから入手した方がいいでしょう。そこで、正規の航空会社から入手することもできます。

正規の航空会社ですので、正規の店舗からも購入することができます。予約方法ですが、普通に電話やネットでの申し込みからできます。ただ、条件がありますので確認をしておきましょう。

投稿日:

東南アジア定番タイへの飛行機チケットを予約しよう

東南アジア不動の人気タイへの行こう

海外旅行も非常に手軽になりました。繁忙期以外は安いチケットも多数ありますし、ある程度の日数を旅行するなら国内よりも海外の方が安く済むことも少なくありません。英語に自信がない人も現地でガイドをつけて旅行することも可能ですし、携帯の翻訳機を使えば大抵クリアできるといった話も耳にします。

利便性が良くなっていて、今後さらに海外へは行きやすくなることでしょう。海外旅行と言えば飛行機での移動が基本です。飛行機のチケットを押さえて、行き先を検討したいところです。

東南アジアで人気の場所と言えばタイランドです。日本からも多くの人がタイ旅行を楽しんでいます。タイは年中常夏で1年を通じてビーチを楽しむことができます。冬にタイへ行くとそれこそ天国です。寒い冬から脱出できます。

タイランドおすすめのピピ島

タイではたくさんの観光スポットがありますが、ピピ島へ興味がある人もいることでしょう。ピピ島はザ・ビーチの舞台になった場所です。無人島という設定でマヤベイは舞台になり、その後世界各国の人がここを訪れるようになりました。

ここはまさしく「楽園」です。こんなに綺麗な海があったのか、と思うことでしょう。ダイビングやシュノーケルのツアーも多く出ているので、現地で申し込みするといいでしょう。

ピピ島は6つの島からなる島です。秘島のイメージですが、今では残念ながら中国人観光客であふれかえっています。ここは中国か?と思うほど中国人が多く、船の9割も中国人観光客です。海では中国風のなんともいえない日焼け対策の服装で泳いでいる人も多いです。タイは中国人からも人気であり、多くの団体客が押し寄せています。

「ワット・プラケオ」もぜひ訪れたいスポットです。
バンコクにあるスポットなのでアクセスも便利です。タイ人からも人気の高いスポットであり、「一生に1度は訪れたい」と願っている人も多いのだとか。タイ王室の人も訪れるスポットとなっており、タイの中でも最高レベルの寺院です。

王宮専用に建設されたため、なんと僧侶はいません。さらに宿坊もありません。ここはちょっと変わったお寺です。
「パタヤビーチ」もおすすめです。バンコクから車で2時間ほどで行くことができるリゾート地です。時間があまりない人は、パタヤに行ってみるといいでしょう。

パタヤのビーチは残念ながら綺麗とは言えません。

綺麗な海を見たい人は、パタヤから40分ほどで行くことが可能なラン島へ行くといいでしょう。
タイはリピーターが多い国です。海外のゲストが居心地良く過ごせる理由がよくわかる国です。

投稿日:

マレーシアへ行ったら観光すべきスポット紹介

マレーシアへ行くなら「ペトロナス・ツインタワー」

海外の中でも暖かい国へ行きたいといった人もいることでしょう。中には移住をしてみたいといった人もいるのではないでしょうか。そうした人におすすめしたい国が「マレーシア」です。テレビでもマレーシア移住を見たことがあるといった人もいることでしょう。

マレーシアは暖かく、住みやすい国としても知られています。
マレーシアの首都クアラルンプールにある「ペトロナス・ツインタワー」は象徴的な展望台となっています。旅行雑誌にもたびたび掲載されているのですでにご存知の方もいることでしょう。

ここは整理券を取得しないと入場できません。朝早くから行列となっています。平日でもけっこう人がならんでいるので、展望台見学を希望されている方は早めにならぶことをおすすめします。高さ452mを誇る88階建てのビルです。1998年に完成し、当時は世界で1番高いビルでした。マレーシアはイスラム教徒が多い国でもあります。タワーはイスラムのモスクをイメージしており、尖塔を表現したものとなっています。

マレーシアへ行くなら「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」

「スルタン・アブドゥル・サマド・ビル」はひときわ目をひく建物です。この建築物はイギリス建築のものでマレーシアの文化も混じっています。観光スポットとしてもおなじみの場所です。建物の色はベージュとオレンジが混じっており、周囲の建物と比較してもとても目立ちます。旗もたくさんあるので、見てみるといいでしょう。

一体いつできたのか?というと1897年まで歴史がさかのぼります。この当時イギリス人建築家にとって設計されました。もともとはイギリス連邦事務局だったのです。ここでもイスラム教の文化は混じっており、モスクと西洋建築の象徴となっている時計を組み合わせています。建物の様式はムーアです。塔の高さは約42mほどあります。レンガ造りの美しい建物でイギリス統治時代を代表する「最高傑作」とも言われています。

マレーシアへ行くなら「マスジッド・ジャメ」

「マスジッド・ジャメ」もイスラム教徒の礼拝堂です。ここはお祈りするスペースも十分に確保されています。建物もイスラム教徒ならではの建物でマレーシアでしか見ることができない建物となっています。マレーシアはインド系やイスラム系、マレー系など多様な民族が暮らしています。この建物も多種多様な伝統、そして文化は混じり合ったみごとなものです。装飾についてもとても綺麗です。

建設は1909年に行われました。クアラルンプールのモスクの中でも最古のものとなっています。モスクの隣はコンバック川とクラン川の合流地点です。ここは「泥が交わるところ」という意味で「クアラルンプール」と名づけられたそうです。マレーシアの首都の名称はここの川にあったことがわかります。
マレーシアへは東京からエアーアジアも就航しています。LCCなら海外行きもさらに安く済みます。飛行機で快適な旅になるといいです。

マレーシアは海外路線だけではなく国内線も充実しています。飛行機についてもジェットスターやライアンエアーなどが就航しており、安く移動が可能です。

投稿日:

乗り継ぎ便の利用について

韓国乗り継ぎ便で就航

海外旅行での飛行機予約は直行便か乗り継ぎありのものと2通りとなります。

できれば直行便で行きたいといった人が多いと思いますが、地方の場合乗り継ぎが必須というケースも多々あります。乗り継ぎについても上手に利用すればそんなに苦痛ではありません。例えばこんな方法があります。

それは「韓国乗り継ぎ」です。

なぜ韓国か?というと韓国行きのフライトは日本各地から就航しています。週に3便のみと限定の場合もありますが、その日付で旅行開始が可能であればこれは多いに利用するべきです。

日本から海外へ行くとなるとまずは成田空港を目指す人が多いかと思います。成田空港は国際線も多く、便もよいのですが地方からの移動だと成田まででけっこう費用がかかる場合も少なくありません。

また国内線の多くは羽田空港行きです。それが成田まで移動するとなると羽田空港からさらに成田空港へ移動しなくてはいけません。これらのことを考えても時間もかかりますし、効率が良いとはいえません。それであれば韓国の例えばインチョン空港まで行ってそのまま乗り換えしたほうが効率も良いです。

また費用もそのほうが安い場合もあります。例えば東南アジアタイ。青森空港から移動するのであれば青森空港からインチョン空港行きのフライトを利用して、インチョンで乗り換えすればOKです。

待ち時間も2時間程度で乗り換えの手続きとショップを見ていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいます。羽田から成田までの移動もないのでとても楽です。荷物も青森空港からタイの空港まで直接お願いすることができます。

海外発見よりも日本国内発見がベスト

このように乗り継ぎについても地元で海外系の航空会社が就航しているのであれば、そちらの利用を検討してみるといいでしょう。
上記の例は大韓航空ですが、中国東方航空などもチケットが安価で乗り換えなど臨機応変な対応が可能な会社です。

こうした案内は旅行会社ではあまりアナウンスしていません。自分でネットで調べてみることが大事です。海外の航空会社であればそのサイトで直接航空券について調べてみるといいでしょう。

飛行機についてはもう1つ注意が必要です。日本からの航空券は海外発券より安いことも多いのです。それは「繁忙期以外」がポイントとなります。
繁忙期以外はかなり安い価格で飛行機のチケットが販売されています。

繁忙期になると飛行機のチケットは馬鹿高い価格になるので、この場合は海外発券がおすすめです。
飛行機についても調べていくとけっこう抜け道があります。

投稿日:

中国系航空会社の飛行機チケット

安心の中国系航空会社

海外へ行くにあたり飛行機のチケット情報を確認している人もいることでしょう。ヨーロッパやアメリカ、アジア各国など中国系の航空会社が割安料金なときが多々あります。中国系の飛行機を利用してみたいものの、利用したことがないのでちょっと不安という人もいることでしょう。

外資系だと言葉の問題やその他のシステムについてはちょっとわからないといった人も多いことでしょう。

中国系の航空会社の利用にあたり、まずは日本からの出発になるかと思います。日本からの出発の場合、日本人乗務員が搭乗していたり、日本語対応できるスタッフが乗り込んでいるのが通例です。

アナウンスも中国語、日本語、英語で流されます。問題は乗り継ぎです。上海や北京などの主要都市から乗り換えになるかと思いますが、その場合は英語と中国語のみとなります。

乗り換えについては番号でゲート案内が表示されています。つまりゲートの番号が分かれば問題なく移動できます。乗り継ぎも「乗り継ぎ」(transit)の表示を追っていけば問題ありません。移動距離も短いケースがほとんどなので、問題なく移動できます。困ったときはスタッフの方に聞いてみましょう。空港スタッフは基本的に英語が話せます。簡単な英語で説明してくれると思うので、英語が苦手な人でも理解できることでしょう。

中国とマレーシア2つを楽しめる

海外と言えば日本からはアジアが近いので、アジア旅行をするといった人もいることと思います。アジア旅行は時差もあまりなく気軽に行けます。時間がある人であれば中国系の飛行機を利用して移動するといいでしょう。中国系の飛行機利用は利点もあります。それは中国も観光できるという点です。せっかくなら中国観光もしたいところです。

例えばマレーシアに旅行したいとします。中国系の飛行機利用なら中国とマレーシア両方を見ることができるのです。中国の都市部は大変栄えています。公共交通機関も整っているので、この機会に行ってみてはどうでしょうか。本場の中国料理も絶品です。

マレーシアに行ったら「ブキッ・ビンタン通り」も訪れてみるといいでしょう。この通りには実に多くの屋台が立ち並んでいます。マレーシアは外食も多い文化です。
マレーシアの人たちの胃袋を支えているのも屋台です。

観光客にとっては珍しく、また異文化の食事を楽しめる場かと思います。マレーシアは中華系の人も多く、中華料理も絶品です。買い物にもピッタリですし、お土産購入もできます。

飛行機のチケットありきで旅行計画するのも楽しいものです。この機会に自分らしい旅行計画を立ててみてはどうでしょうか。

投稿日: