乗り継ぎ便と直行便の違いについて

インターネットで航空券を予約する

最近ではインターネットで東南アジア行きの飛行機のチケットを気軽に購入できます。安いチケットを探す上でも便利です。また旅行代理店よりも安価で販売している場合も多いです。その理由は店舗を構えていない分、家賃等もかからないですし、気軽にお店を出すことができるからです。

また飛行機のチケット代についてもコストに反映されます。家賃などがない分、チケット代も安いというわけです。こうしたことから全てネットで自分で手配するといった人が急増しています。
rgerg5
この流れは若者だけではなく、年配の人にも広がっておりシニア世代が自分でネットから飛行機のチケットを探して、海外旅行をするケースも増えつつあります。シニア世代は時間もお金も余裕がある人が多いので、もっとも適した内容でもあるのです。

海外旅行で飛行機を検索すると乗り継ぎ便は安いのに対し、直行便は高いケースが多々あります。例えば仮にインドに行くとしましょう。

インドまでの直行便は高いのに対し、中国系や韓国系の飛行機利用なら費用が安いといった場合もあります。チケットは安いにこしたことはないのですが、価格的にそんなに変わらない、あるいは若干高い程度であれば直行便を選択することをおすすめします。

時間に余裕がある人は経由便でも良いかと思います。経由地を見学することも可能な場合も多く、1度に2度楽しめます。しかし時間があまりない人は、多少高くても直行便を選ぶことをおすすめします。

料金を気にしない人は正規料金の直行便がおすすめ

その理由ですがまずは経由便だと体力を消耗します。目的地まで時間もかかりますし、また飛行機を乗ったり、降りたりと手間もかかります。知らない国での乗り換えは緊張もします。ゲートの確認などの作業もあるので、気を使う人が多いことでしょう。

体力に自信があるから大丈夫だと思っていても、旅行の際はけっこう疲れるのものです。普段よりも歩く距離も多いと思いますし、自分でも気がつかないうちに疲れが出てくる可能性もあります。そのことを考えても、飛行機移動はなるべく負担がかからない直行便を選ぶのが旅上手にスタイルです。

旅行の際はお金の計算も重要です。

お金の計算も大事ですが、自分の旅スタイルを見直してみるといいでしょう。自分では気がつかないことがけっこうあるかもしれません。
飛行機のチケットを節約しつつも、海外旅行をエンジョイできる方法を模索してみるといいでしょう。

旅行もスタイルがどんどん進化しています。特に個人での行動が人気となっており、自分の好きなプランで行動しやすくなっています。

Follow me!

投稿日: